スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

89式小銃



    




















   ということで今日の記事は89式にしたいと思いますicon12

 写真は東京マルイの89式小銃ですが実銃は豊和工業が作っていますicon12

みなさんご存知自衛隊に制式採用されている小銃ですねicon14

   全体像は左右非対称のストックや、消炎制退器と他の小銃にはない異形セレクターですねface01

このセレクターが使いづらいと嫌う方も多いようですが、自分は好きですicon06

 













安全 単射 3点制限射 連射 
の4ポジションですねface01

  室内戦闘でのスイッチを想定して左面にもセレクターを付けていますicon12



  




















   これぐらいはみなさんやっているカスタムですねface01

ということでじぶんなりのこだわりアイテムを紹介したいと思いますicon14

 

 





















シングルポイントスリングを使用する為のアダプターなんですicon12

 ストックの下方向にD環が付いているのでスイッチが容易ですicon14

さらに固定もがっちりしているので激しい動きでもズレたりしませんface05


   分かりずらいですがハンドガードスチール製に換えていますface01

 少しさびが出て良い質感が出ていますicon14icon14

    







































すらっとしていて美人ですicon06

                 べた惚れですface05      


2012年02月28日 Posted by seaman  at 23:11Comments(0)小銃

久々に

  


記事
を書いてみますface01

 昨日福岡に戻り、部屋の片づけと掃除に追われてましたicon10icon10


今日の夜は何か記事書くつもりですicon12




    お楽しみにface05  

2012年02月28日 Posted by seaman  at 16:19Comments(0)予告集

帰還

みなさん お久しぶりですicon14
 
                       しーまんですface01

  先週には輸送任務から帰っておきながら更新サボってしまいましたicon10icon10

仕事に追われ、ダウンしてましたicon15

   
                    教えるとは大変難しいことですが、大変勉強になりますicon14icon14

自分のスキルアップにもなりますねicon12

                 まだまだ教えるのが下手くそなんで勉強が必要ですねface01


と真面目なことはほどほどにいしておいて本題に入りましょうicon12

 今月27日下船が決まりましたicon06    4か月振りに福岡に帰還する運びとなりましたicon20

いやー久しぶりに家に帰れますicon14

                       装備品やエアガンたちと戯れることができるface05

 最高の幸せですねicon12icon12   
              そして今回は正月に頼んでおいた・・・・

  田村装備開発 潜入福袋 が帰りを待っているんですicon27

値段はというと・・・
                5万円

 これは激アツの予感ですface05icon14icon14

                        何が入ってるのかなぁicon12

 非常に楽しみですface01

               早く中身が見たい!!

   早く開けてやらないと可哀そうですねicon12


                                   それではicon16

            

2012年02月25日 Posted by seaman  at 11:53Comments(0)その他

出港

  本日より1週間 輸送任務に行ってまいりますicon14


ということで電波と時間があれば記事を書きたいと思いますface02




投稿予約しておいたので記事が見れる頃には私は海の上のどこかでしょうicon19

          それではicon22  

2012年02月11日 Posted by seaman  at 20:30Comments(2)

ネタ切れ

  昨日は記事のネタも思いつかずやる気も無くて更新をさぼってしまった


 しーまんです

 
   少ないアイテムの中で毎日書いていくとネタも尽きてしまいます

 家に帰ればネタが山盛りなんですがまだまだ家には戻れません


   早く休みたい


 ということでサバゲ 野戦装備の画像貼っときます

 


LEMサプライ製のリーコンチェストに

インファントリーレジメント製 89式3連マグポーチ×3

    ー//ー         89式2連マグポーチ(カンガルータイプ)×1

    -//-         9ミリ拳銃3連マグポーチ×1

    -//-         アドミンポーチ×1


ブッシュハット は2型迷彩 PXサイトー製

LEMサプライ製 シングルポイントスリング

  4degrees Tactical製 89式小銃 シングルポイントアダプター

とこんな感じでやってますよ  


2012年02月10日 Posted by seaman  at 18:28Comments(0)

予告 PART6

ミナサンコンニチワicon22 しーまんですface02

 暖かくなったと思えば1日で寒さに襲われている北海道ですface07icon04

今日はSF G2ZL について書こうと思っていますicon12




  写真多めで書こうと思っていますのでお楽しみにicon14  

2012年02月08日 Posted by seaman  at 12:37Comments(0)予告集

今日は・・

あまりの眠気にベッドの上でうとうとしていたら眠ってしまいicon10人の訪問で起きたら

頭がガンガンしてますicon07    
                         
                  しーまんですface04

 頭痛のおかげでやる気ゼロのため

     今日は簡単な記事にしたいと思いますicon11


ラペリングについて少し書きますicon12



 ラペリングでは降下を開始してから着地するまで体の安全を守るのは

支点から地上まで伸びる

1本のロープのみとなりますface02 
   そのロープの太さは9ミリ~13ミリと色々なものがありますicon12

  細くない!??


  ・・・と思う方もいると思いますicon11

    そのため初めてのときは 高さ とロープが切れないか等の 
           ロープに対する不信
から恐怖 不安が生まれうまくいかないのだと思いますicon10face07
          (あくまで個人的見解です)

 降下する以前のイメージとしては 体力 筋力 技術 
センス 
等が大事なように感じますが

気づきにくいことですが一番大事なのは

icon12 ロープを信頼すること icon12です

 ロープしか体を支えていない訳ですからロープを疑っては
始まりませんicon11


 と言っても難しい話ですがicon10これができるようになると降下も楽しくなり
色々と見えてくるものがあると思いますicon14icon14

 自分は仕事柄ロープなしでは仕事にならないし、ロープについても少しは知識があったため

その不安はなく楽しく降下することができましたicon06

    その分降下訓練前訓練中訓練後にはしっかりとロープを点検することで

 この信頼関係は保たれていますicon12

       みなさんももしラペリングすることがあったら信頼できるインストラクター

信頼するロープをみなさんも信頼して降下を楽しんでくださいicon14face05  


2012年02月07日 Posted by seaman  at 21:40Comments(0)ラペリング

ついに

  タクトレのカテゴリーランキング1位になりましたicon14face05

 記事を読んでくれている方々に感謝しますicon12
 
     これからもどんどんいい記事を書いていこうと思っていますので

 よろしくお願いしますface02icon12


    全国ランキング45位と少しずつではありますが上がってきているのでまだまだ

頑張りますicon22


今日も何かいい記事を書くつもりなのでお楽しみにicon14icon14  

2012年02月07日 Posted by seaman  at 12:32Comments(0)その他

予告 part5

  今日は暖かいと言いながらもマイナスが続く北海道から

 しーまん がお送りします


実は現在自宅を空けており、ほとんど装備品テッポが手元にありません

 そのため深刻なネタ切れに陥りかけています


といううことで今日は最近記事にもぉよく載せている海上自衛隊 特別警備隊の公開訓練の模様から

隊員の装備を見ていきたいと思います




                         お楽しみにicon14  

2012年02月06日 Posted by seaman  at 12:34Comments(0)予告集

訂正

 前回投稿の海賊対処行動の記事にて

 航空自衛隊との表記は海上自衛隊 航空隊 の間違いでしたicon10

間違った情報の配信を行ってしまったことを訂正してお詫びいたします。

 気をつけないといけませんねicon10


 ということで特別警備隊特別警備隊でも海上保安庁の特警隊の画像を上げときますicon14





 装備は 89式ダットサイト 折曲銃床固定銃床が混在していますicon12
     ニ―パッド
     レッグホルスター サファリランドのようですicon12

     防弾ベスト 反射素材で目立つようにしてありますicon01
    
     ヘルメットMICHのように見えます 



     海保の特警隊は各巡視船、管区により装備が若干違いますが1例を紹介しましたicon12  
タグ :海保特警隊


2012年02月05日 Posted by seaman  at 22:47Comments(0)

海賊対処行動

icon11 SATマガジンで1月、3月号の2回にわたってジプチにて活動に当たる
 
 陸上自衛隊 航空←海上自衛隊 航空隊 海上自衛隊 海上保安庁 の方々の活動いついて

書かれています

なぜこの海域なのかというのも日々の生活に欠かすことのできない石油の大半をこの海域を航行する

タンカーによって日本に輸入しているからです

日本の生命線ともいえる海域で

海賊による事案が多発している為、

世界中の海軍が派遣されています

日本に限らず世界的に見てもこの海域の安全がいかに重要か

が分かると思います


 
かなり厳しい環境でのオペレーションでしょうが日々日本船舶に限らず船舶の安全航行を


守っていただいていることを考えると同業者としては頭が下がります。


 そこで今日はその現地に派遣が噂されている部隊を紹介していきたいと思いますicon12

 海上自衛隊 特別警備隊


 海上保安庁 特殊警備隊


この2部隊の派遣が噂されていますicon12

部隊名も1文字違いです  ちょっと紛らわしい感じもしますが

どちらもかなりの精鋭部隊とのうわさですicon06
 

本当に派遣されているかどうかは分かりませんがicon11 どちらにせよ

 任務に励まれているのは間違いありませんicon12

                        安全に日本に帰還される日を祈るだけですicon14

 では実際に派遣されている部隊を紹介していきましょうface02

第一空挺団 第8次派遣隊


航空←海上自衛隊 P3-C 第一航空隊


海上自衛隊 うみぎり さみだれ  
 立ち入り検査隊
 写真はいかづち立検隊




 陸自は基地警備業務

空自←海自 航空隊は空からの海域監視

海自は航行船舶のエスコート任務につています

日頃の幸せな毎日のためには沢山の縁の下の力持ちによって成り立っていることにも

目を向けていただきたくこんな記事にしてみましたicon12

     日本の精鋭の方々に感謝ですicon14icon14face05
      

  
  


2012年02月05日 Posted by seaman  at 21:29Comments(2)SST SBU

ようやく

  買うことができたface05


 SATマガジン と アームズマガジン は

貴重な情報源ですからねicon14icon14




   じっくりと最新情報をチェックしたいと思いますface02

  
 それではicon14  

2012年02月05日 Posted by seaman  at 13:59Comments(0)その他

予告 part4

  おはようございますicon01
しーまんですicon22     今日もかなり冷え込んでますicon04icon15


 マイナスの世界から脱出できるのはいつになるんだろう・・・


ということで今日の記事は

    ちょっと方向性を換えて ラペリング について書こうと思いますicon14




聞いたこと、動画・訓練展示でみたことある方は多いと思いますが実際にやったことのある方

は少ないと思いますicon12

  ということでラペリング楽しさや降下の種類等を書こうと思いますface02
 
 
                          お楽しみにicon14icon12  


2012年02月04日 Posted by seaman  at 11:33Comments(0)予告集

続 ブラックホークダウン

icon10
   題名と記事の内容を比較すると、若干詐欺になっているかもしれませんが

 お許しをicon10icon10

    温かくなる気配がまだまだ見えない北海道から
しーまんがお送りします

ということで今日の記事は前回記事にて紹介しました

       ACR MS-2000 MILITARY STROBE
         ストロボライトにしたいと思いますface02
 
まずストロボライトとは夜間作戦時等に友軍の判別や作戦中のシグナル

友軍位置の把握等に使われていますicon12(あくまで視察の域)icon10
 
 しかしながら米国特殊作戦群SBU等に採用されているのはそれだけ重要な装備ということ

            かもしれませんicon12  

     ではまずは外観から見ていきましょうface02

            上面


  中央に見える砂の付着しているところがスイッチになります

スイッチはスライドさせることによりON、OFFの切り替えができます

 画像はONの位置です
 そのスイッチの後ろに接している銀色の物がスイッチをONまたはOFFの位置でロックする為の

金具だと思われます(詳細な説明が発見できませんでした)

 そのスイッチの両サイド(画像では緑色のカバーの左端部分)には電池を入れる際の方向が書かれています。

使用電池は単三です。

   


そして本体1番後方にあるネジ回し式のふたを回しますicon14

  


 ふたを開けるとこのようになっており、ここに単三電池を収納しますface02

 


 なおこの蓋部分には10M防水機能がありますicon12

ではフロント部分を見ていきましょうicon14

  

今見えているのはIRカバーで、このカバーをつけたまま発光させても

ナイトビジョンを使用しないと見えませんicon13

ブラックホークダウンのワンシーンではこのIR発光の状態で屋上に投げ込まれて
 それを目印にヘリからの攻撃が行われましたicon09

 このカバーを取ると白色の発光をしますicon01



そしてこれだけで終わらないのがこのライトの面白いところですicon12

じつは緑色のカバー部分と発光する本体部分は分離しており、この本体の最後部を引っ張ると・・・

 本体が後退し、下からブルーフィルターが現れて青色の発光が可能となります
写真でライトの位置に変わっているのが分かると思いますface08


 ということでこのストロボライトは 白 青 IR の発光が可能な優れものです
icon06face02

 

カバー下部にベルクロを付けるとヘルメットに装着が可能になりますicon14


 装着例

海上自衛隊 特別警備隊
 


米国陸軍!?



米国 PJ??


    1例を紹介してみましたicon12


 本体に付けたベルクロは片面が粘着面になっているものを使用しているので加工も簡単ですface05

ヘルメットにベルクロがない場合でも粘着シート付きベルクロを使用すれば装着が可能ですicon12

  自分の場合はプロテックエースヘルメットに加工して装備できるようにしていますface02

  コスプレをグレードアップする場合は市販されているストロボ型のBBローダーを

代用するとコストが安くていいと思いますface02

         今日は感こんなところにしたいと思いますicon12

   それではicon14







  


2012年02月03日 Posted by seaman  at 21:32Comments(0)装備品

ブラックホークダウン!!

            
  アイリーン    って感じで


今日の記事は映画 ブラックホークダウン 終盤で民兵と

レンジャー デルタが戦闘となり夜間にヘリからの機銃掃射を行うに当たり

民兵とアメリカ軍と判別する際に

民兵の布陣していた屋上に投げ込まれたり、

 海上自衛隊の特別警備隊の訓練公開時にヘルメットの上に着けていたことでも有名な

        ACR MS-2000 MILITARY STROBE  ですicon12

 


  icon14face02お楽しみに

    昨日書いたEPベルトもなかなかアツいものですので是非ご覧くださいicon14

  


2012年02月03日 Posted by seaman  at 16:56Comments(0)予告集

状況 終わり EPベルト インプレ

          みなさん こんばんわ face02icon14
  
  しーまんですicon06face02

17時より 「送別会 状況 開始!!」
 送別会は1時間程騒いだのですが当直の方がいたり、送別会の主人公がいなくなったりicon10自然消滅のような形で

 いつもよりだいぶ早い時間で 「状況 終了!!」となりましたface02

   後片づけを行い、0時からの仕事に備えて休むという口実で 撤退 してきましたicon12icon14
 
            しかしながら、まだ現在も有志による省エネモード2次会は継続中ですface08icon12


                     * 省エネモードとは *
  使用しないテーブルを撤収し、少ないテーブル数で会合を行うもの



 ということで記事を書こうと思いましたが中途半端すぎて何を書くか迷っていますface07icon11


 とりあいず  タクトレ ラペリング 格闘における師匠

   ミリブロを始められたという情報を入手したので

コメントを残し、お気に入りに追加したところですicon14icon12


   ということで話しはさっぱリまとまりがないですがicon10icon10

今日の記事は TUFFプロダクツ の EPベルト にしたいと思いますicon14

 まずTUFFプロダクツ(以下TUFFプロ)について簡単に説明しようと思いますface02

TUFFプロダクツはアメリカの会社で民間からLE向けと色々な装備品と作っている会社ですicon12

 ここでデザイナー!?をしているのが 知ってる方も多いと思いますが イチローさん です icon14
 元オリックスの野球選手で今はメジャーリーガーのあの

 イチロー 選手ではないですよicon16


TUFFプロの製品は他の会社にはないオリジナリティあふれる独創的なものが多いのが特徴ですface05icon14

 最近では 今回紹介する EPベルト や タクレット、 タクレットN が有名だと思いますface02

  個人的にはタニケット パウチ が激アツですicon06


            とTUFFプロの紹介はここらへんにして

           EPベルト の紹介 に移りたいと思いますicon12

  


               外観はこんな感じですicon12

          一見何の変哲もないだだの ベルト
 
に見えますface07
 
 ただバックルが見当たりませんicon10           
   
            しかし決して壊れているものではありませんface02

もともとついてないんですicon12

                  ではどうやってベルトを止めるかというと・・・・



 ベルトの端を拡大するとこのようにベルクロが付いておりベルクロ止めとなってますicon22

ベルクロで本当に大丈夫なのか? 
 外れるのではないか?  
装備品等はつけられるのか!? 
       
心配になる方も

                         いると思いますが・・・

          このベルト実は デューティーベルト として使えるように設計されているんですface05

 このように装備をつけても大丈夫ですicon12

          RAVEN LIGHT CARRIER +  SF G2ZL


          V85 KYDEX HOLSTER +  SF G2ZL


 サファリランド6005  レッグ ホルスター


  
  そしてこのベルトの最大の特徴はicon12蒸れないこと装着感の良さですicon06

その秘密はベルト裏に隠されていますicon12

   ではベルト裏を見てみましょうicon14



 こんな感じでになっておりこれによって蒸れ防止icon11装備品のズレ防止 

装着感の良さicon12を実現していると思いますicon14icon14

 1度使うと他のベルトを使う気にならなくなるくらい素晴らしいベルトicon12だと思いますface02

              みなさんも是非1度お試しあれicon06
      



 
        

   


2012年02月02日 Posted by seaman  at 22:08Comments(0)装備品

 予告・・・・・・・お知らせ?

  ということで今日は退職される方の送別会が実施され、しーまんも参加しますicon12

というわけで記事が書けない可能性がですicon10

 時間があれば簡単な記事でも書こうとは思っていますicon12



  記事にできるネタはまだまだあるのでゆっくり書いていこうと思いますface02icon14


とりあいず近いうちに タックレット 旧型 

 


SFライト 



 
ストロボライト


                                     の記事を書くので

タクレットをお持ちの方、 タクレット、タクレットNに興味がある方もそうでない方も楽しみにしててくださいicon14

 もしタクレット持っている方がいれば使用方法やこだわり点等是非教えてくださいicon12



   毎日寒いicon04北海道からしーまんがお送りしましたicon22


                            早く福岡に戻りたいicon20
     


2012年02月02日 Posted by seaman  at 11:32Comments(0)予告集

続 たくてかる  ぐろーぶ  レビュー

     暗くなってくると気温が毎日-10℃icon04くらいになってしまう北海道から
 
   しーまんがお送りいたしますicon14icon14

 さて午前に予告しておりました Rapeling Over Glove Model 1 ですが、、、そもそも

 らぺりんぐ おーばー ぐろぉーぶぅ??    とは何ぞや!?

 という方も多いと思いますので ラペリングオーバーグローブ とはなにか説明したいと思いますicon12

昨日の記事ではタクティカルグローブを紹介しましたが、

  タクティカルグローブとはガラスの破片金属片から手を保護するものであり
 
  着用状態で射撃格闘が行えるものでなければいけませんicon10
    
 これと比較して ラペリングオーバーグローブ(以下オーバーグローブ)

 ラペリング時にロープと手の間に起こる摩擦熱から手を保護するものですicon12

 昨日の記事でもご紹介したように降下を重ねるとともにグローブは摩耗し最終的には穴が空いたりしますicon07icon10

 ゆっくりとした降下でもすごい摩擦熱が発生するのがラペリングです。

 ブレーキが下手くそだとかなりアツく感じますicon01face08

 これに比べて比較的降下スピードの早いラペではスピードの出た状態からブレーキをかけるため

 かなりの熱が発生します そのためタクティカルグローブのみではすぎてブレーキを離してしまうこともありますicon10   

これは非常に危険なことですicon05icon11

ここでの ラペ とはヘリ等、壁のない部分を垂直降下するものを指します。

 壁のある部分を降りる降下 ラペリング として使い分けていきたいと思います。

 正式な区分ではなく、個人的に分かりやすいように分けて書いていますicon12

  前置きはこれぐらいにして本題のレビューに行きましょうface02

これがオーバーグローブですicon09



 これだけでは分かりずらいので開いてみましょうicon14




開くとこのようになっていますicon12

1番左端に空いている穴は親指を通す穴です その横にはグローブを止めるためのベルクロがあり、

その横に革の部分があり、中央部分にある端が白く縫われている3Dになっているところが

親指の収まるところになります。

                         革は柔らかく良い感じですicon12
 
   では装着してみましょうicon14    今回は 右用 Mサイズ を使用します。

 まずは穴に親指を通します。



 写真では分かりづらいですが、この時手の甲上向きとなっています

 このままグローブの右端を時計回しに持っていき、親指を通します

               するとこうなります



 写真は手のひらが上向きです 

           最後にベルクロを止めて装着完了ですicon22face02 


            手のひらはこんな感じですicon12


 分かりやすくするために素手の上に装着しましたが、本来はこんな感じですicon14





 指先が少し出ていて、ロープを握ったときに接触する部分はオーバーグローブがカバーしています。

実際はこのグローブをつけて降下し着地後に素早く外して戦闘態勢に移行しますicon16

   降下時の安全と射撃のしやすさを考慮してありますface05icon12

 
 田村装備開発 Rapeling Over Glove Model 1 http://tamurasoubi.co.jp/products/detail5.html


 なかなかグローブだけを見ることは少ないと思いますが、よく調べたり、見てみると色々なグローブに

 出会うことができますicon14icon14


以上        見逃しがちながら以外と面白くて
マストアイテム
 

  タクティカルグローブ オーバーグローブ の紹介でしたicon06

 
 
   
 


  


2012年02月01日 Posted by seaman  at 21:12Comments(0) hand

予告 part2

   おはようございますicon01              

 しーまんですface02


      昨日ふと地域ランキングをみると6位まで上がっていましたicon14

 それを見てちょっとテンションの上がったしーまんでしたicon12



   そんなこんなで今日は 田村装備開発 Rapeling Over Glove Model 1 について書きたいと思いますicon12



 昨日の記事にしたグローグとは少し目的の違ったものですが最近は必需品となった重要アイテムですicon06icon14

 写真を多数載せて見やすい記事にするつもりですicon12

   ご期待下さいface05

 

 

  

2012年02月01日 Posted by seaman  at 11:30Comments(0)予告集

< 2012年02>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
プロフィール
seaman
seaman
福岡でサバゲ 埼玉にあるTTCでタクトレに励む20代の船乗りです。   装備は主に自衛隊迷彩と黒、濃紺系です。
ラペリングから射撃、格闘までなんでもやります。
東側装備・AKも好きだったりします。
89式が大好きですが、最近はトレポンのM4をよく使っています!
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ