スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

INDUCTION CATCH レビュー

皆さん こんばんわ!

最近書く書くと言っておきながら

記事をあげない書く書く詐欺になっていました笑

ということで今日は最近注目が集まっている

INDUCTION CATCH




のレビュー記事を書いていこうと思います!

まずはINDUCTION CATCHがどんな製品なのか

簡単に書いておきます。

INDUCTION CATCH磁石の磁力誘導を利用して

銃や装備品を固定するための物です。


まずは外観から見ていきましょう!



構成は銃に取り付けるアタッチメントとベルト、アーマー

に装着するためのベースの2つからなっています。

アタッチメント
表面


裏面


ピカティニーレイルに取り付けられるようになっています。

ベース
表面


アタッチメントを受けるための磁石が付いてます。

下部に見えるネジはMOLLE、ベルトに通した後に

固定するためのものです。

裏面


裏面はMOLLE、ベルトに通すための構造になっています。


では、MOLLEに付けて見ましょう。

写真はランページアーマーに付けています。


アップにするとこんな感じです。


MOLLEがあればどこでも取付けられます。

ベルトにつけるとこんな感じです。

写真は新型レンジャーベルトに取付けています。


レンジャーベルトの場合はMOLLE部分に付けると

少し動くのでベルト本体に通すとしっかり固定出来ます。


では、今度は銃にアタッチメントと付けてみましょう。

HK416ハンドガード下部に取付け


M4上部レイルに取付け


MP7に取付け


とりあいずこれくらい付けてみればイメージも

湧くと思います。

そしてコレをベースに装着します。



イメージとしてはこんな感じです。

磁石の力だけでも固定はできますが、



写真左のリングをひねる、右側のスイッチ

上げることによりロックをかけることができます。

いかがでしたか?

今回は基本的なスペックの紹介記事にしておきます。

次回以降に実際の使用方法について書いていこうと思います。

買いたい方は田村装備開発にお問い合わせ下さい!

現在売り切れ中なので次回予約が始まったら是非予約して下さい!

お楽しみに!!

それでは!!




  


2016年12月28日 Posted by seaman  at 20:04Comments(2)ラペリング小銃TTCサバゲ 

コンセプトは中近距離狙撃銃



皆さん こんばんわ!!

もう乗船から何往復したかわからなくなってきたシーマンです笑

今日は予てより試作?中だった89式改がついに完成しました。

テーマは小銃(5.56mm弾使用)で中距離から近距離に

特化した狙撃銃的なものです!

本来はもっと光学機器等を搭載した方が良いのでしょうが、

今回は必要な物のみを付けて軽量化も目指してみました。

まずは正面に近い図カラ



マガジンを20連ショートにしてバイボットで自立してみました。

中々の迫力です!!

カッコ良いですね!

コレにPEQ?レーザーとかライトをつけたらもっと迫力が増すでしょう。



横面から見てみました。

ベースは89式固定銃床

ソレにOTSのレール被筒、

メーカー不詳のハリスタイプバイボット、

アッパーレシーバー上面に

ライラクスのトップフラットレイルを装着。

そこにSⅡSのショートスコープを搭載。

スリングアダプターはかれこれ7年近く愛用している

4°タクティカルの89式固定銃床用スリングアダプターです。

少しマイナーなものですがしっかりと固定でき、素材も頑丈なため

今のところ全く壊れる気配がありません。

すごく気に入っている装備の一つです!

では少しアングルを変えて



まだサバゲでは未使用なので次回の休みでは、

VSR G-SPECと共に活躍していただきましょう!!

早く来い! 休暇!!笑

それでは!!



  


2016年06月01日 Posted by seaman  at 20:00Comments(6)小銃

先進近距離狙撃小銃

皆さん こんばんわ!!

今日は以前から記事にあげていた89式に関する記事です!



上の写真のような形が実際の先進小銃に近いと思いますが、

今回私は、89らしさを残しつつコンセプトに考えているので

ストックは固定式のままにしようかなと思っています。

なにげに構えるとしっくり来るんですよね!!

レイルは皆さんご存知、OTS製です。

実銃用ですが、マルイの89式にも取付けられます。

マサダストックのアダプターはカッコイイのですが、

89式の外観が著しく変化してしまう為、今回は断念しました。

気が向いたら取り付けるかもしれません。



ではレイルがどんなものなのか見ていきましょう!!

を開けるとこのように2分割された状態で入っています。

取説レイルを合体させるネジ、それと20mmレイルが入っています。



20mmレイルは3つ付属しています。

これで不足する場合は、レイル部分のみの別売りがあるので、

それを購入すれば、更に数を増やすことが出来ます!!

今のところ沢山付ける予定はないので十分足りそうです。



そして組み上げるとこんなシルエットになります!

少しフロントヘビーになりますが、89式の弱点である、

アクセサリー類が取り付けづらい

解消することが出来ます。

ライトくらいはしっかり付けたいですからね!!

後は、バラバラになっている89式からアッパーレシーバー

をレイル化、平らに
ならしてくれる

ライラクスのフラットレイル?名前が空覚えで申し訳ないです。

移植しようと思っています。

リアサイトはなくなってしまいますが、

ショートスコープのために犠牲になってもらいます。

代わりにバックアップサイトくらいは付けないといけませんね!

とこんな感じで順調に計画が進んでいます!!

写真はOTSレイルを購入した南蛮堂さんよりお借りしました。

マサダストックアダプタも南蛮堂さんで購入できますよ!

ひと味違う89式にイメチェンはいかがですか。

それでは!!





  


2016年03月11日 Posted by seaman  at 20:11Comments(0)小銃サバゲ 

正解は!!



皆さんこんばんわ!!

先ほどの記事で上げた画像




これはどう見ても89式のレシーバーのアップでしたが、

実は大事なのはそこではなく、



塗装の方です!!

勘の良い方はお気づきかもしれませんが、

この塗装はセラコートです。

セラコート
米軍にも採用されている塗料です。

そしてこの89式にはデジタル陸自迷彩の塗装が施してあります。

全体的に塗装してあるので、

これなら緑の中に黒い銃が浮かび上がることもありませんね!

でも、無垢な89式が一番好きです!!

どんどん進化していくんですね!!

いいですね。

次はどんな面白いものが出るか楽しみです!

それでは!!
  


2016年02月14日 Posted by seaman  at 20:11Comments(0)小銃

新型小銃 勢揃い




皆さん こんばんわ!!

いよいよ我がYUTORI1型の仲間たちを紹介する時間がやってまいりました!




写真はレシーバー刻印部分を中心に撮った1枚です。

ではとりあいず、いろんなアングルから見ていきましょう!!




手前3丁M4CQB-R奥側4丁M4カービンサイズになっています。

手前からKOKEさん、◯ッ◯ー、私、寺ちゃん、KOBA、SASAMI、田村さんの順で並んでいます。




お次は反対側からいきます。

順番がさっきと変わっていますが、気にしないでください。

ではまた別アングルから




カービンサイズCQB-R長さの違いがわかりやすい1枚です

お次は

YUTORI3兄弟のご紹介

全体像から紹介



手前から◯ッ◯ー(未施工)、
      KOKEさん(Mk18 施工済み)
      (Mk18 施工済み)


となります。

お次はレシーバー




引きで1枚。

見難いですが、違いがわかりますか。

わかりにくい方のために各1丁ずつアップしていきましょう!




KOKEさんのレシーバー



◯ッ◯ーのレシーバー



もう良いよ!と言わずに。私のレシーバー

3兄弟ではないですが、



これはロアレシーバー左面システマの刻印が入っている為、右側に刻印が入っています。
システマTTGDコラボモデルです! 
なんて組み合わせなんだ!!(笑)”

さて、
これはだれのレシーバーでしょうか。

探してみてください!!

写真はありませんが、YUTORI三兄弟はそれぞれ、セレクターの刻印全てオリジナルになっています。

見かけたら見てみて下さい!

そして未施工だった
◯ッ◯ーのCQB- Rはトップ画の状態に変身しました。




紹介はこれくらいにしておきましょう。

明日は週末ですよ。

良い1日を!

それでは!!


まだ間に合う週末TTC訓練

11月28日
AM:セルフディフェンス




PM:ラペリング



11月29日
AM:RBT初心者講習




PM:RBT訓練


  


2015年11月27日 Posted by seaman  at 20:23Comments(0)小銃

新型小銃 YUTORI1型

皆さん 北の大地はかなり風が強くて、外は大変なことになってます。

さて今日は新型訓練小銃の紹介です!




レシーバー全体が見える写真です。


では、詳しく見ていきましょう!!



まずは全体像

本体についてですが、本体

PTW M4CQB-R をベースにしています。

PTW俗にいうトレポンです。

レイルマッドブルダニエルディフェンスタイプRIS2 9.5インチを取付けてMk18にしてみました。

ストックは訓練仲間からお借りしたボルターの実物ストックです。

サイレンサーライラクスの物を

ショートスコープ1~5倍率のSⅡS製をチョイス
↑89式で使っていた物を移植

アイアンサイト
前がマルイHK416からの移植、後ろは付属のマグプルPTSのリアサイトになります。

では昨日から気になっている刻印を見ていきましょう!

まずはこちら



ロアレシーバー右側に入れてみました。

TTGDとは田村装備開発英語表記の頭文字を取ったものです。

Tamura Tactile Gear Development ←TTGD

後は、カッコイイロゴマークを大きめに入れてシンプルに仕上げました。

お次は反対側



こちらには商品タグとかに使っているロゴマークの下にタックネームを入れて、雰囲気を出すために更に文字を刻印

一番下には、各自に割り当てられた番号を入れてもらいました。

この番号にも意味があります
↑持ち主が半分しか意味をわかっていません。

読みづらいですが、TTCで訓練に使う小銃ですよ的な意味で入れてあります。

では、ハンドガードを中心にして見てみましょう!



下部には、シュアファイア6Pオリジナルを搭載し、スイッチリモートに変更してフォアグリップを握ったまま操作できます。



SF6Pはシュアファイア純正のマウントでしっかりとハンドガードに固定されています。

フォアグリップは転がっていたマルイ純正をとりあいず付けて使ってます。

ではマズル付近を見てみましょう。




サイレンサーの先端は傷だらけです。

よく見ると分かりますが、SF6Pバルブ(電球)純正だとキセノンですが、非常に使いにくいため、YSカスタムのカスタムバルブに交換しています。 ちなみに色は電球色です。

ではレシーバーに戻ってきましょう。



そして実はもう一箇所オリジナル刻印を入れた部分があります。



そう!! セレクターの部分です。

安全 単発 連射 になっています。

エヴァっぽく日本仕様な感じに仕上げました。

安全、単発、連射のセレクターになった経緯も面白いので時間あるときに記事にしましょう!

ちなみにショートスコープはこんな感じで乗っかってます。



マウントマルイのショートスコープ用ハイマウント?を使用してアイリリーフを調整しています。

最後に再び全体を



いかがでしょうか。

気になる部分、質問があれば、コメント、メッセージお願いします!

それでは!!



週末訓練情報です!!
11月28日
AM:セルフディフェンス



PM:ラペリング




11月29日
AM:RBT初心者講習

 

PM:BRT訓練






  


2015年11月26日 Posted by seaman  at 20:37Comments(2)小銃

新訓練小銃

皆さん こんばんわ!!

今日は見守る仕事で1日使っていつもの3倍は疲れました。

今日は

昨日の続きで、新しい愛機を紹介したいと思います!!



お楽しみに!



昨日の記事はこちら

89式の紹介記事はこちら

  


2015年11月26日 Posted by seaman  at 17:45Comments(0)小銃

世代交代してました

皆さん こんばんわ!

突然の配置転換になんか気が抜けてしまっています。

というわけで、今日は簡単に書いていきます。

詳しくは次回紹介ということで堪忍して下さい。

まずは初代 パートナー

89式小銃 
BATTLE SNIPER 仕様




ノーマル89式ショートスコープを載せただけの簡単なカスタムですが、これが中々使いやすくてお気に入りでした!
紹介記事はこちら


そして2代目 パートナー

HK416 D デブグル



愛機89式弾倉止め破損により、戦闘不能に陥ったために買ってみた1丁です。

リコイルショックボルトストップの機能は訓練に役立ちましたが、セミロックの多発給弾不良が頻発して信頼性で言うと89式の方が上でした。

ということでいまいち活躍の場がなく、3代目に世代交代となりました。

いよいよ現役3代目

M4CQB-R Mk18仕様




TTCの特性上拳銃を使うことが多くて小銃に興味がなかったのですが、正面での精度を争う撃ち合いでは、やはり小銃の肩付けできるメリットは大きく、また人質救出等、精度を要求される射撃が増えてきたことから本格的に小銃の選定を開始しました。

選定基準
としては

・ビスの頭(BB弾1個分程度)を狙える精度

・セミのキレが良いこと

・高い耐久性があること

この3点に絞った結果、これを満たすのはトレポンでした。

ということで、価格を調べたり、周辺パーツの調査に入りました。

パーツの価格、マガジンの価格の高さに少々ビビりましたが、良い訓練、銃の性能で撃ち負けない為と思って購入を決めました。

後は、訓練仲間でまとめて買って刻印を入れる運びとなり、無事手元に届きました。

詳しいレビューは次回とします。



よく見ると、ロアレシーバー左右に刻印が入っています。

刻印も次回、アップで掲載します。

自分オリジナルで性能、剛性の高い銃が手に入って最高の気分です!!

値段は見なかったことにしておきます。

訓練、サバゲでも大変活躍してくれているので、今後の更なる活躍に大いに期待したいと思います。

それでは!!


週末訓練情報

11月28日
AM:セルフディフェンス


PM:ラペリング



11月29日
AM:RBT初心者講習



PM:BRT訓練


  


2015年11月25日 Posted by seaman  at 20:51Comments(0)小銃

続 89TRG



皆さん こんばんわ!

どんな週末を過ごしましたか。

シーマンはこの後、まだ仕事が残っています!涙

それでは本題に!!

TRGって何?? についてはこちらの過去記事を御覧下さい。



では訓練ではどのように使っているのか見ていきましょう!!




まずはトップ画に使用しました、銃を掴まれた時の対処の訓練に使用してます。



お次は銃を使って体の使い方を練習しています。



道場では基礎的な部分を、CQBハウスでは実際にクリアリングしながらの対処を訓練します。

写真では棒で斬りかかって来た相手の攻撃をMP5で防御しています。



防御その2 写真では89式を使って攻撃を防いでいます。



相手が撃ってこなくてもプチ想定訓練と同じようにしっかりとクリアリングして行きます。

撃ってこない分いつも以上に丁寧にクリアリングしていきます。

以下かでしょうか。 こんな感じでラバーガンは非常に有効な訓練機材です。

弾抜き、怪我防止、銃の破損防止メリットが多いと思います。

エアガンでは出来ない訓練ラバーガンで行い、撃ち合いにはエアガンを使う等、使い分けができればかなり訓練効果は高まるでしょう!!

中々良いお値段しますが、買って後悔はしませんでした。

興味のある方は是非調べてみてください!!


それでは!!

  


2015年11月15日 Posted by seaman  at 20:23Comments(0)小銃

89式TRG紹介 昨日はブラックアウト



皆さん 昨日はブログネタを考えながら横になっていたら、そのままブラックアウトしてしまったシーマンです。

いやーその後、22時頃に目が覚めて寝れずに酷い目に会いました。

 おかげで今日は仕事なんですが、とても眠いです。。。

さて記事を書くのがちょっと面倒なので、ここではTTCの訓練で最近活躍めざましいTRGを紹介したいと思います!




写真の2丁がそうです。

まずTRGとはトレーニング ラバー ガンの頭文字の略称であり、ゴムで出来た模擬銃のことです。

発売元はキャロットでラインナップには主に日本の自衛隊、警察等で使用されているものが多いです。

よく似たものにブルーガン(青い樹脂製模擬銃)が有りますが、あれは形のみの模造であり、重量は全く実銃とは異なって軽くなっています。

TRGでは外観のみならず、重量、重量バランスも再現し、より実銃に近い感覚で訓練できます。

ということで、最近では89式のラバーガンを使って西部方面普通科連隊訓練している画像、映像が多数メディアに出てますね。




これは水中、砂、等銃にとって劣悪な環境下でも銃に気を使わず、使用後のメンテなどの労力も不要である利点から普及が進んだんでしょう。

ラバーガンには鉄芯入りタイプ芯なしタイプが有ります。
これはガンハンドリング等には芯入りを格闘には芯なしを、と使い分けるためです。

私が持っているのは鉄芯入りですが、ガンハンドリング、格闘どちらもこなしてます。

エアガンだと壊れる、相手を怪我させる可能性がありますが、ラバーガンなら心配いりません。

心置きなく訓練に集中できます。

夜は実際に訓練で使用しているところを記事にしたいと思います。

それでは!!


  


2015年11月15日 Posted by seaman  at 13:20Comments(0)小銃

BATTLE SNIPER TYPE89

 

 ということで今回は関西遠征、STF2連戦で活躍してもらった

89式を記事にしたいと思います。

題名は某S○Tマガジンのイチローさんの記事のパクリですが、

お気になさらずに御覧ください。




 89式がこの仕様になったのは他でもなくこの記事の影響ですが、

前から野外サバゲ、インドアでの僅かな隙間、射線の確保からの

バリケからの少ない露出部分を撃ちぬくにはスコープが有効ではないのかと

かねてから思ってきていたところでしたが、この頃その必要性が

身にしみて感じるようになったのでこの仕様にしてみました。

まずはスコープを紹介していきます。



 SⅡSの1-5倍の可変スコープになります。

近距離では1倍でダットサイトがわりに使って、 距離、狙う部分の大きさに応じて倍率を変更します。

又、レティクルがレッド・グリーンのどちらか任意の色に光らせることもできます。

実際、夜戦で使ってみましたが最低光量にしても明るすぎて個人的にはちょっと狙いにくい感じがしました。

 実際使ってみると遠くの目標だけでなく、近距離でもわずかな露出部分を細かく狙うことができます。

これにより、初弾の精度が上がり戦術の幅が大きく広がり非常に使いやすくなりました。

しかしながら、サインティングまでの時間や、構えをスコープに合わせる等慣れが必要な点も

あるのでこれからどんどん使い込んでいきたいと思います!!

  それでは!!







  


2014年06月30日 Posted by seaman  at 21:47Comments(2)小銃

89式小銃



    




















   ということで今日の記事は89式にしたいと思いますicon12

 写真は東京マルイの89式小銃ですが実銃は豊和工業が作っていますicon12

みなさんご存知自衛隊に制式採用されている小銃ですねicon14

   全体像は左右非対称のストックや、消炎制退器と他の小銃にはない異形セレクターですねface01

このセレクターが使いづらいと嫌う方も多いようですが、自分は好きですicon06

 













安全 単射 3点制限射 連射 
の4ポジションですねface01

  室内戦闘でのスイッチを想定して左面にもセレクターを付けていますicon12



  




















   これぐらいはみなさんやっているカスタムですねface01

ということでじぶんなりのこだわりアイテムを紹介したいと思いますicon14

 

 





















シングルポイントスリングを使用する為のアダプターなんですicon12

 ストックの下方向にD環が付いているのでスイッチが容易ですicon14

さらに固定もがっちりしているので激しい動きでもズレたりしませんface05


   分かりずらいですがハンドガードスチール製に換えていますface01

 少しさびが出て良い質感が出ていますicon14icon14

    







































すらっとしていて美人ですicon06

                 べた惚れですface05      


2012年02月28日 Posted by seaman  at 23:11Comments(0)小銃

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
seaman
seaman
福岡でサバゲ 埼玉にあるTTCでタクトレに励む20代の船乗りです。   装備は主に自衛隊迷彩と黒、濃紺系です。
ラペリングから射撃、格闘までなんでもやります。
東側装備・AKも好きだったりします。
89式が大好きですが、最近はトレポンのM4をよく使っています!
※カテゴリー別のRSSです
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ